バラの育て方ひとつででどこまで美しくなる?!

初心者でも簡単ガーデニング!美しいバラの育て方

園芸用品

美しいバラの基本的な育て方

色鮮やかに華やかに咲き誇るバラは、手入れ次第では毎年株が大きく育ち、庭を甘い香りで満たしてくれます。バラの基本的な育て方は水やりと肥料切れに気をつけて、季節ごとの手入れを怠らないことです。水はやりすぎず、乾かしすぎず、適度なバランスを保ち、メリハリをつけていくことが丈夫に育つ鍵です。また、バラにはたくさん花を咲かせてグングン枝を伸ばしていく時期と休眠期とがあります。時期にあった手入れで株をしっかりと大きく育てて綺麗な花を咲かせましょう。バラはたくさんの日光を必要とします。日当たりが悪くならないよう、周りの環境にも気を配りましょう。

芝生を綺麗に保つためには日頃の管理と手入れが大切です。うっかりしているとすぐに雑草だらけになってしまいます。手入れの基本は水やりと肥料、除草と芝刈りです。夏場は芝生も雑草もすぐに伸びてくるので、こまめな手入れが必要になってきます。雑草は基本的に見つけたらすぐに取り除きます。面倒な場合は芝専用の除草剤もあるので、利用してもいいでしょう。水やりや肥料は朝晩の涼しい時間帯に行います。芝刈りは伸びすぎないうちに定期的に行いましょう。伸びすぎたからといって一気に短く刈り込んだり、芝の軸の部分まで刈り込んでしまうと、芝を傷めてしまいます。

バラにつきやすい害虫にご用心

バラは葉っぱをたくさん茂らせて育ちますが、この葉っぱを狙ってくる害虫も多いので用心しましょう。日頃から株や葉っぱの様子をよく見てチェックすることが大切です。見つけ次第、手で取り除いたり、薬剤を使用するなどして駆除、予防していきましょう。葉っぱの裏側につく緑色の小さなイモムシはハバチの幼虫です。葉ごと切って取り除きます。若枝に産卵中の成虫も取り除きます。葉裏につく黄色や赤の0.5ミリほどの小さな虫はハダニです。水を嫌うので葉の裏側に勢いよく水をかけることで落とせることもあります。新芽や茎、つぼみにびっしりとつくのはアブラムシです。数が多くなってくるとやっかいなので、増える前に対峙してしまいましょう。樹液を吸う虫にはカイガラムシもいます。歯ブラシなどを使ってこすり落とすといいでしょう。また、コガネムシやカミキリムシの仲間は幼虫の時は根っこを食べ、成虫になると新枝をや花を食べます。夏に株が急に弱ってきたら土の中に幼虫がいる可能性があります。根っこを傷めないよう、取り除きましょう。

知るとお得な情報!

男性

芝生には魅力がいっぱい!芝の手入れに役立つ情報を紹介

きれいな芝生の庭は、人の心にもたらすくつろぎ感や子供のいる家庭での安心感につながります。そこで、芝生の庭を維持していく際に問題になる日々の管理・手入れについてを紹介しています。ここを読んでマスターしておきましょう。

READ MORE

バラの品種人気ランキング

no.1

チャイナローズ

バラには数多くの品種がありますが、その中でも「チャイナローズ」と呼ばれる品種が人気を集めています。チャイナローズは赤系統の色を持っており、青や黄色などの色を付けることはありません。赤いバラという王道をは走りつつ、香りも濃厚な種類もいくつかあるためガーデニングを楽しむ方々から人気があるのです。

no.2

ポリアンサローズ

ポリアンサローズは寒さにとても強い品種です。地域によっては冬場の寒さをしのげず、ガーデニングを中断してしまう方もいますが、この「ポリアンサローズ」は寒い地域にうってつけの品種と言えます。花付きがよく、たくさんの花を咲かせるため見た目も豪華で他の品種との相性も良いとガーデンニングを趣味とする人々から人気があります。

no.3

フロリバンダローズ

花壇に植えることのできる「フロリバンダローズ」は、ガーデニング初心者でも美しく育てることが出来る品種になっています。プランターを使うことによって土の栄養を管理しやすくなるので、初心者にありがちな水腐れや枯らす心配も少ないのです。カラーバリエーションも豊富なのでフロリバンダローズでミニバラ園を堪能している方も大勢います。